就職内定から、入社するまでの準備として必要なこととは

就職活動,就職内定

就職内定が決まった後は、入社するまで準備期間を過ごすことになります。

 

就職内定が決まると気を抜いてしまいがちですが、この期間をどう過ごすかで、入社してからの仕事への取り組みやすさに差が出て来ます
ですから、入社までに必要なことを整理しておかなければなりません。

 

まずはリフレッシュしましょう!

とはいえ、まずは心身ともにリフレッシュしましょう。
就職内定が決まるまでは就職活動をしなければなりませんから、疲れた体を休めることが必要です。

 

入社すると、最初は仕事にも慣れていませんから、自分の時間をとることも難しくなるので、やりたいことがあれば、今のうちに挑戦しておきましょう

 

ビジネスマナーの習得

リフレッシュが済んだら、社会人に必須のスキルである「ビジネスマナー」を学びましょう。
仕事をしていくうえでは、いろんな人と関わっていく必要があります。

 

電話応対・言葉遣いなど、最低限のマナーは身に付けておきましょう。
ビジネスマナーを学ぶには、「ビジネスマナー講座」などのサイトが参考になります

 

働く会社を知る

また、入社する会社について調べておくことも必要です。
もちろん、就職活動の時にも調べているでしょうが、就職内定後はまた違った見方ができます。

 

また、入社する会社だけでなく、業界の動向なども知っておいて損はないので、普段から新聞やニュースにも目を通しておきましょう


就職内定の状況調査をした上で対策を考えるのがおすすめ

就職活動,就職内定

就職活動をする人にとっては、卒業年度は始まった時点から活動をしなければならないほど忙しくなります。

 

就職活動の方法は人によってそれぞれですが、場当たり的にいろいろな企業の説明会に行ったり応募して面接を受けるという人も少なくありません。

 

「数打てば当たる」は非効率

しかし、数を多く受ければ内定が取れるというものではありません。
やはり企業としても数ある応募者の中から優秀な人材を確保したいとさまざまな方面から審査をしているのです。

 

このような状況で対策を考えるのであれば、一度就職内定の状況調査をしてみるのもおすすめです

 

学校だからこそ出来る情報収集

学校では就職内定の状況がきちんと把握されており、必要に応じてそれらの情報を教えてもらえます。

 

たとえば、例年自分が在籍している学校からどういった分野への就職内定率が高いかを調べるのも手です。
企業から打診を受けている場合に応募すると通常よりも内定率が高くなる事もあるからです。
そのような傾向を知ることで、自分が応募するべき企業を絞り込むこともできます

 

また、卒業生が内定を得ているところであれば、就職活動の対策などについて学校からアドバイスをもらえることもあります。
早い段階から就職に関する情報を集めておいたり、就職担当の職員に相談してみるとよいでしょう。


就職内定書の書式についての特徴と大切な役割についてのポイントとは

就職活動,就職内定

採用面接の合否を知らせる書類としては、就職内定書があります。

 

これは求職者の採用を決定した場合に、内定者に郵送するものです。
一定のフォーマットがありますので、記載してある内容に大きな違いが無いのが特徴です。

 

就職内定書について

就職内定書は、採用通知書となりますが、類似した通知書には内定通知書採用通知書があります。

 

就職内定書の送付に関しては、求職者が学生である事が大半です。
採用を決定しても卒業までは働けないケースや、卒業が入社条件になることが条件になるので、それぞれの書類の送付に違いがでてきます

 

通常であれば、入社まで一定の期間がある事が多いので、承諾書も必要になるケースが多く、これらの書類が内定通知書として送付される事が多くなります。
また、就職内定書の文は、会社の採用条件に応じて異なるという特徴もあるので、文書作成の際には予め注意が必要になります。

 

就職内定書の活用場面

そんな就職内定書ですが、必要になるケースとしては、保育園の入園申込みをするときがあります。
これは保護者が六十五歳未満の同居の祖父母を含むケースで、保護者が就労のため、保育園の入園を希望するときに必要となります。

 

そのため、小さなお子様がいる場合には、早急に必要となるケースもありますので、予めその必要性を把握しておく事も大切なのです。


就職内定率に影響する就職活動の特徴とはどういうものか

就職活動,就職内定

新聞やニュースなどで、就職内定率という言葉をよく耳にしますよね?
就職内定率は学生の就職状況を把握するうえでよく使われます。

 

そんな状況を知ってか知らずか、大学生は夏休みも返上して、毎日企業などに出向き就職活動をしている人が多いです
少しでも希望した企業から内定をとるために、学生たちは頑張って就職活動をおこなっています。

 

就職内定率とは

就職内定率とは、就職希望者のうち企業から内定を受けた者の比率です。
この数字が高ければ高いほど、就職を希望する学生のうち、より多くの学生が勤め先を見つけることができたという意味です。

 

現在のように就職環境が厳しい状況でも就職内定率が低下していない原因は、内定が得られないで途中で就職をあきらめたり、進路変更する人が増えることが特徴です。

 

就職活動に欠かせないツール

最近はスマホやSNSを利用して就職活動をする学生が多くいです。
特にスマホは就職活動には、欠かせないツールとなっています。

 

就職活動にスマホをどのように使用するかというと、企業セミナーの予約や確認、企業からのメッセージの確認、面接の予約の確認などです。
スマホを利用していない学生より、スマホを利用して就職活動をしている学生の方が、就職内定率が高いのが特徴です。

 

SNSを利用して就職活動をしている学生もいますが、積極的にSNSを利用していても内定率に影響はでません。
しかし、まったくSNSを就職活動に利用していない学生は、意外と内定率に影響がでているのが現状です。


就職活動で色々なことに使える人気の就職内定手帳の特徴とは

就職活動,就職内定

就職活動は最近では非常に苦しい戦いとなっています。

 

景気が回復しているとは言われていますが、正社員の求人倍率は伸び悩んでおり、正社員を目指す人はまだまだつらい状況です。
そんな就活生に人気のアイテムが就職内定手帳です。

 

就職内定手帳を活用する

この就職内定手帳の特徴は、名前の通り就職活動に特化した手帳となっています。

 

例えば就職活動中は企業に対して失礼がないか、などを気にするため、マナーにも敏感になるものです。
就職内定手帳にはそういったマナーに関することが書かれているものもあります。

 

その他にも就職内定手帳には、志望企業の進行表やスケジュール予測など、就職活動に特化した機能が沢山あります

 

就職内定手帳の選ぶポイント

就職内定手帳を選ぶ際にはやはり実物を見て決めるのがベターです。
と、言うのもスケジュール管理をする手帳としての機能を求める人や面接前のマナーを確認したい人など用途が様々だからです。

 

この機能は必要だけど、こっちの機能はいらないな、といった場合も考えられますよね。
スケジュール管理だけをしたい人にとってはマナーの項目などは必要ない可能性もあります。。
必ず自分の必要な機能が何かを整理して就職内定手帳を決めましょう


バブル崩壊後の就職内定率の推移と最新の内定率の数値は

就職活動,就職内定

日本中が、まるで何かに取り憑かれたようにお金が紙のように扱われていたのがバブル期です。

 

何をするにも、物が高騰しているのにさえ誰も気がつかない時代でした。
そのころの、就職内定率は今では考えることが出来ないほどの数値だったのです。

 

バブル崩壊による就職内定率の低下

そして、そのバブル崩壊後の就職内定率は、一気に下がりました
就職氷河期と言われたのもこの時が始まりです。

 

その後、就職内定率がとても悪くバブル崩壊時期の再来と言われ、第二の氷河期とされたのが2005年です。
推移で、見てみるとそれ以後も内定率は厳しくなっています。

 

最近の就職内定率の動向

最近の、アベノミクスによる経済効果は一部の企業ではでていますが、まだ日本全体には浸透はしていません。
最新のデータでは、大企業が最も多く採用していたのは2010年度だったとされています。

 

現在も一部の企業を除くと、まだまだ採用の数値に伸びは確認されていません。
当然今後の景気の動向がどちらを向くかでこの内定率も変化していきます

 

中小企業も視野に入れよう

ただ、今の現実は大卒以上の45%以上が正規職では雇われないという事実にも目を向けなければいけません。

 

内定を求める学生側にもまだ偏りがあり大企業志向になりそこに集中することで採用がされないことが問題となっています。
少し、視点を変えて中小企業にも目を向けることも内定率があがる要素になりえます。

 

 『正しい就活の方法』さえ学べば、志望企業からの内定ももらえます!
 世の中の9割の就活本やセミナーは無意味なものであると知ってましたか?
 東大式内定獲得術が教える就職戦略とは!?
 「自分を知る!」「相手を知る!」「就活の実践力を高める!」

3つのステップで『正しい就活の方法』を知りたいならコチラから!


「就職活動から就職内定まで正しい就活の進め方」関連情報